tomo journal

春は出会いの季節でもありました

昨日、「食べれな~い」と甘えるちびさんにパンを食べさせながら「もー! ちびさんは手がかかるな!」と言ったら「子供って、そんなもんだよ」と返されました。
そんな今日この頃。

新学期が始まって早くも1週間が経ちました。
3学期の終わりには「春は別れの季節です」と、別れを嘆く記事を書きましたが…別れがあれば出会いがあるもので、4月になってたくさんの出会いがありました。
幼稚園や体操教室、プレイパークではいなくなってしまった先生の代わりに新しい方が入って来ました。
年中さんを最後に2人のお友達が転園してしまいましたが、年長さんになってまた2人の新しいお友達が転入してきました。
そして、4月から新しく民間の支援センターに通い始めたちびさん。 そこでも新しい先生やお友達との出会いがありました。

母はと言えば、こちらも新しい出会いが…。
なんと! 今年度PTAの副会長になってしまったのです!!!orz  正直、やりたくてやったと言うよりも、逃げ切れなかったという感じです。
4月から、もうバタバタ。 やりたくてやるわけでもないけど、どうせやらなきゃいけないなら楽しもう!と、前向きに。
いつもはあまり交流のない他の学年のお母さんたちとも親しくなるチャンス! 幼稚園生活最後の1年。 ちびさんがお世話になったお礼の積りで頑張ってみようと思います。

お別れにも出会いにもなかなかすぐには対処できない母に対し、ちびさんはどっちもさらっと受け入れてすでに新しい環境で緊張しながらも楽しんでいる様子。
母もちびさんを見習って前向きに楽しめるように頑張ろう!


無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、新しい出会いがあってよかったね!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。


にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



# by momi0729 | 2017-04-16 14:51 | 5歳-6歳 | Comments(1)

春休み

春休みにはいってすぐに、ちびさんと二人で私の実家に遊びに行ってきました。
向こうに行ったら、山登りに行って、アスレチックに行って…と、あれやこれやを計画していたのですが…
f0089780_22350633.jpg
着いてみると実家はこんな感じorz
山登りやアスレチックの計画はショッピングモールに変わりましたw
f0089780_22421416.jpg
それでもいつもと違う毎日は、ちびさんにとってはすごく楽しかったようです。
実家で飼っている犬を洗ったり
f0089780_22420153.jpg
ちびさんは邪魔係w 犬を入れるタライに自分が入ってるw
f0089780_22455697.jpg
凧あげしたり
f0089780_22482132.jpg
念願のわんことお散歩。 山の中を歩くのが楽しいらしい。
今回の帰省では、今まで怖くてあまり近寄れなかったわんことも仲良くなれました。
f0089780_22483605.jpg
雪が降ったりもしたけれど、春も近づきつつあるようです。

この他にも温泉に行ったり、おいしいものをたくさん食べされてもらったりで、東京に帰る日には「まだ帰りたくない!」と言っていましたw
次はGWかな? 次こそは山登りに行こうね!

無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、楽しい事がたくさんでよかったね!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。


にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



# by momi0729 | 2017-04-02 22:51 | 5歳-6歳 | Comments(0)

春は別れの季節です

本日、ちびさんは年中さん最後の登園をしました。
近くに転勤が多い会社の社宅なんかのある、ちびさんの幼稚園。 毎年何人かの出入りがあります。
今年は2人の転出があって、最後はこの2人のお別れ会。

お母さんたちも集まって、みんなで書いた色紙をプレゼントしました。
お引越ししてしまう内の一人は家の方向が一緒で毎日一緒に帰ったり、親同士も仲良くしてもらって、子供が幼稚園に行っている間にお茶したり、家族ぐるみで忘年会や新年会をする仲間でした。
なので、最後はみんなで涙、涙。

先生とのお別れもありました。
ちびさんが「一番好き」と言っていた補助の先生が今日で最後だったそうです。 先生は、生徒一人一人に手作りのおもちゃをプレゼントしてくれました。
その心遣いと子供を思ってくれる気持ちにまた涙。
そして、ちびさんが年少さんの時に担任をしてくれた先生も今日を最後に産休に入られます。
この先生は戻ってくるけれど、それはちびさんが卒園してからの話し。
やっぱりちょっと寂しくなります。

それから、ちびさんがよく遊びに行くプレイパークのプレイリーダーのお姉さんも今期を最後に卒業されるそうで、その卒業式に参加させてもらいました。
このプレイリーダーさんは、幼稚園入園前によく遊んでもらって、ちびさんがお手紙を書いたり、家に遊びに来て!と誘ったお気に入りのお姉さん。
幼稚園に入ってプレイパークに行く機会は減ったけど、それでもやっぱりお別れは寂しい…。

最後はちびさんの通う体操教室。
4月から先生が総入れ替えになることになりました。
先生の中にはちびさんが2歳頃からお世話になってる方もいて、お別れの挨拶で「小さい頃から見ている子もいて、せめて小学生になるまで見ていたかったのですが…」なんておっしゃっているのを聞いてウルウル。

当事者であるちびさんは、イマイチ「お別れ」がピンとこないらしく、お友達とのお別れ会も卒業式も「楽しいイベント」みたいにしか感じていないらしく楽しそうでした。
どっちかと言うと「寂しい」「悲しい」のは親の私の方。
大人になって、こういう別れとは遠ざかっていたので、久しぶりのこういう感じにちょっとやられ気味。
まぁ、別れがあればまた新しい出会いもあると思うので、お別れしたお友達とちびさんや私にも訪れるであろう新しい出会いに期待しながら春休みを迎えたいと思います。


無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、たくさんのお別れを経験したね!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。


にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



# by momi0729 | 2017-03-23 23:11 | 5歳-6歳 | Comments(0)

ティペット

ホワイトデーのお返し用にティペットを量産。
f0089780_22295382.jpg
ボア生地は、去年スヌードを作った残りを使いました。
他に使い道のない布を減らせたし、プレゼントした女の子たちも喜んでくれたようで良かった♡

サイズ感を見るために、ちびさんに試着してもらったのですが…ちびさんも欲しいと言い出しましたw
さて、作ってあげるべきか…。


無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、ティペット作ってもらえるといいね!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。


にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



# by momi0729 | 2017-03-16 22:34 | Hand Made | Comments(2)

「ありのままを受け入れる」と言うこと

「ありのままの子供を受け入れてあげましょう。 子供に自己肯定感が生まれます」みたいな事、よく育児書なんかでみませんか?
こどもちゃれんじに付いてくる冊子にも、何冊か持っている育児書にも書いてあったし、聞きに行った講演会でも先生が言われてました。

私もこれを実践しています。 そして、完ぺきとは言えないまでも頑張れているのでは?なんて思っていました。
が! この前、なんかふっと思いついてしまったんです。 本当にふっと。 お皿洗いしてる時に突然降ってきました。
ぜんぜん出来てないじゃん!!!  ってか、真逆の事してる!

お誕生日前夜書きましたが、支援センターの先生に言われた事にショックを受けて感情のままにちびさんに当たり散らしてしまったことがありました。
その時に「みんなと同じようにちゃんとして! できないならもう幼稚園に行かなくていい! そうじゃなかったら、お母さんは運動会とか音楽会とか見に行くの止める!」なんて言ってしまいました。
その時は、ちびさんが悪いんだから仕方ないみたいな気持ちでいたのですが…いや、これってちびさんの事、全否定じゃない?

突然、自分のしたひどい仕打ちを思い出してうろたえる母。
どうしよう? 謝る? でも、ちびさんはもう忘れてるかもしれないし、謝ることでまた嫌なことを思い出させてしまったら? いや、すごく傷ついているかもしれないし(そうは見えないけど)謝った方がいいかも? と、迷いましたが…とりあえずさらっと謝ってみる事にしました。

その日、おやつを食べているときに、割と軽めな感じで「前に、ちびさんがちゃんと出来ないなら幼稚園に行かなくていい、とかお母さんもう幼稚園に見に行かないとかひどい事言っちゃったね。 お母さん、悪かったね。 ごめんね。」と謝ってみました。
そしたら、ちびさんは「うん。」と小さく頷いて「そしたら、ママまた幼稚園に来る?」と聞いてきました。
「うん、行くよ。 ちびさんがちゃんと出来ても出来なくてもお母さんは見に行くよ。」と言うと、ちびさんは嬉しそうにニコーっと笑いました。
あ、これは覚えてる! やっぱり(どの程度かは分からないけど)傷ついてた! と、思ったのでもう一度丁寧に謝りました。
ちびさんは「いいよ。 ママ、いいよ。」と、許してくれたのでした。

ありのままを受け入れるって「他の子と同じように出来ない」ちびさんも、「障害があるかもしれない」ちびさんも、そのままを受け入れるってことなんだな~としみじみ思いました。 
今まで私は、先生に「ちびさんは、何らかの障害があるかも?」と言われて、ショックを受けつつも、すぐに支援センターにも連れて行って…と、行動したことで全部受け入れていた積りでいました。
でも、現実ではぜんぜん受け入れられてなかったんだな~。
だから、幼稚園で他の子が出来ていることが出来ないと落ち込んだり、ちびさんを叱り飛ばしたり、誰かの言葉に傷ついてみたり。

受け入れる、ということは「ちびさんを他の子と同じにする」のではなくて「今のままを認めてあげる」ことなんだ、とすごく当たり前のことに今更ながらやっと気が付きました。

そうかと言って、やっぱり心配は心配だし、少しでもちびさんがこれからの人生を生きやすく出来るならば…と、言う気持ちはあるので、支援センターなんかでの訓練は続けつつ、もし、幼稚園の行事なんかで他の子に迷惑をかけるようなことがあったら、そこはちびさんを叱るのではなく私がフォローするなりしていけるようにしたいと思います。

口で言うほど事はきっと簡単ではないけれど…ちびさんに頑張らせるんだから、母も頑張らないとね!


無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、お母さんが気付いてくれて良かったね!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。


にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



# by momi0729 | 2017-03-12 22:39 | 5歳-6歳 | Comments(0)

tomo journal
by tomomingo
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

最新のコメント

おわっ。副会長とは大変で..
by chirohamu at 21:30
★chirohamuさん..
by momi0729 at 16:06
すご~い。可愛い!! ..
by chirohamu at 23:55
★tmykさん ありが..
by momi0729 at 22:17
息子さんの5歳のバースデ..
by tmyk at 10:25

ブログジャンル