tomo journal

カテゴリ:カナダ旅行( 11 )




カナダ旅行記 ―その10 帰国―


帰りはケベックシティ→トロント→成田と言う飛行機でした。 そして、ケベックシティからの飛行機は7:00AM発! 
と、言う事は空港には5時頃着いていないといけません。 なので、帰国の日は4時頃に起きてタクシーで空港に
向かいました。

前日の夜は雪で「飛行機飛ばないかも!?」と淡い期待を抱いたりもしましたが…
f0089780_22334732.jpg

起きて、外を見てみるとこの通り。 雪はすっかり止んでいました。 残念。
その後、空港に向かう途中でまた雪が降ってきましたが、さすが雪が多い場所だけあって、ちょっとやそっとの
雪は問題なさそうです。 予定通り飛行機は飛びました。

ケベックシティからトロントへは約1時間半のフライト。 トロント空港では約3時間の待ち時間があったので、朝ご飯
を食べる事にしました。
f0089780_22385287.jpg

カナダの量は多い!と、旅行中学んだので2人で1つをシェア。 ちょうど良かったです。

帰りはお天気も良くてフライトも快適!
f0089780_22414023.jpg

帰りの機内食はこんな感じでした。 あまりにも時間が経ち過ぎて、内容は覚えてません…。
f0089780_22435521.jpg

f0089780_22441291.jpg

f0089780_22442652.jpg

こんな感じで、カナダ旅行は終了です。 寒かったし、忙しかったけどとっても楽しかったです♪ 次はいつ行ける
かな~?
[PR]



by momi0729 | 2011-09-06 22:45 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その9 7日目PM―


またまた、ずいぶん放置ご無沙汰してしまいました。 カナダ旅行から帰ってから、すでに8カ月…。 
今更ではありますが、もう少しだけお付き合いください。

ホテルでお昼を食べて少し休憩してから、また観光に出かけました。 午後からは夫のリクエストで城壁の外へ
出てみる事にしました。
f0089780_23293187.jpg

シタデルの近くの門から外に出るとすぐにケベック州議事堂が見えます。
そして、そのままグランダレ通りを歩いて行くと、素敵なレストランやお店が並んでいます。
f0089780_23333414.jpg

f0089780_23334925.jpg

この辺りは、ケベックシティで一番の繁華街とガイドブックに書いてありましたが「え? これが?」と言う感じ
でした。
f0089780_23382664.jpg
 
グランダレ通りから、少しずつ下って行くと普通の街になりました。 特に観光スポットはないのですが、街自体が
ヨーロッパの様で歩いているだけですごく楽しかったです。 夫も、すごく喜んで写真をたくさん撮ってました。
f0089780_23532367.jpg

街を歩くのは楽しかったけど…とにかく寒い! と、言う事で、まだ名残惜しそうな夫を急かして城壁の中に戻り
ました。 次の目的は、ホテルの前の広場で開催されると教えてもらった「クリスマスマーケット」。
f0089780_23591622.jpg

以前、ドイツで見たようなクリスマスマーケットを想像して楽しみにしていたのですが、これも観光用かな? 
規模が小さくて、期待していた程ではありませんでした。
f0089780_03480.jpg

でも、サンタさんと奥さんもいましたよ~! この日の晩ご飯はここで済まそうと思っていましたが、食べ物の屋台
があまりなかったので、グリューワインと言うホットワインで体を暖めて、雰囲気だけ味わってからご飯を食べに
行きました。

最後のご飯だし、少し奮発しちゃえー!と、オ・ザンシャン・カナディアンに行きました。 ここは、ケベックシティ
最古の屋敷を改造したと言う、ケベックの郷土料理のレストランです。 レストランに入ってメニューを見ると、
いつもの事ながら何を頼んでいいのか…と、言う感じ。 夫は選ぶのが面倒くさくなって「コースにする?」って
言ってきました。 でも、今までの経験からコースじゃ絶対に食べきれない!と、思ったのでウエイトレスさんに
「2人で各1皿ずつメインだけを頼んでもいいですか?」って聞いてみました。 そしたら「もちろん!」と、明るく
答えてもらえたので安心してオーダー。
f0089780_0145211.jpg

私はいろんなケベック料理が少しずつ乗ったプレート。 少しずつと言っても、ひとつひとつがけっこう量があって、
けっこうな量でした。 どれも美味しかったんだけど、全部肉! ちょっと疲れました。 
f0089780_0152590.jpg

夫は(確か)バッファローのステーキ! それと、お料理に合ったワイン2グラスと言うのをオーダーしました。 
このステーキ、とても美味しかったです! そして、ワインも美味しかったのですが、私たちは違う種類のワインが
2種類飲めるかと思っていたのですが、同じワインが2杯で、そこはちょっとがっかりでした。
そして、この他にパンが付いてくるので、思った通りメインだけでお腹いっぱい! 私は食べきれなくて夫に
手伝ってもらいました。 夫は「もうちょっといけた」そうです。 ふと、周りのテーブルを見てみると、カナダ人と
思われる観光客の方たちもコースをオーダーして、けっこう残していたり、2人で1つのコースをシェアしたりして
ました。 カナダ人にも量が多いみたいです。
f0089780_025319.jpg

最後に出てきたクランベリーのお酒(?) すっごくサッパリしていて美味しかったです。

思いお腹を抱えてホテルに帰ると…
f0089780_0274259.jpg

吹雪のような(?)雪! これで、明日の飛行機飛ばないかも!?と、淡い期待を抱きつつパッキングをしてカナダ最終日が終わりました。
[PR]



by momi0729 | 2011-09-01 23:27 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その9 7日目AM―


この日、朝起きて一番最初に向かったのは…窓! 
f0089780_22533941.jpg

夜景もきれいだったけど、朝の景色もきれいです。 このホテルでは朝食が付いてなかったので、部屋に備え付け
のコーヒーを飲んでさっそく観光に出かけました。
f0089780_2258772.jpg

まずはホテルのすぐ脇にある、フニキュレールでLower townに行きました。 朝早かったので、他に人が
いなくて貸切状態! ゆっくり進むフニキュレールの中で動画を撮ったり、景色を楽しみました。
 
まずはプチ・シャンプラン通り。
f0089780_2334663.jpg

ここは北米最古の通りだそうです。 お土産屋さんなんかが並んだ、観光名所の一つですが朝早すぎて、人は
いないし、お店もほとんど閉まってました。 なので、雰囲気を味わいながら少し歩いてから移動。
f0089780_23123998.jpg

少し歩いたら、大砲が並んだ広場に出ました。 大砲は河に向かっているので、そちらから攻めてくる敵と戦った
のでしょうか?
f0089780_2315578.jpg

これは勝利のノートルダム教会。 ここもまだ時間が早かったので開いていませんでした。
f0089780_23195794.jpg

これは、Lower townにある有名な壁画。 ケベックに関係のある歴史上の人物なんかが描かれているようです
が、私たちに分かる人はいませんでした。 こういう時に、歴史とかもっと勉強しておくんだったと後悔するのです
が、旅行から帰るとすっかり忘れて…けっきょく勉強はしないまま。

Lower townからUpper townには歩いて帰りました。
f0089780_23245768.jpg

これは、首折れ階段。 とても急で落ちると首が折れるほど、と言う事で名前がついたようです。 Lower townと
Upper townはフニキュラーに乗らなくても、この階段や他の道で行き来する事が出来ます。
f0089780_23281789.jpg

Upper townの見どころの一つ、ノートルダム聖堂です。
f0089780_23302330.jpg

ここも開館したばかりで貸切! 同じノートルダムでも、モントリオールで見たのとは大分違います。 ここは、
こじんまりした感じですが、落ち着いていて良かったです。 私たちが出る時に、中国人と思われる賑やかな
御一行様が入ってきたので、ちょうどいいタイミングで入れ違いだねと夫と話してました。

そろそろお腹も空いてきたので、賑わっているお店を見つけて入ってみました。
f0089780_0105881.jpg

夫はベーグルサンドとコーヒーのセット、私はマフィンとコーヒー。 私がまとめてオーダーした…はずでしたが、来て
みるとベーグルサンドのセットが2つにマフィンが1つ。 セットが一つ多いんですけど…。 がんばってフランス語で
オーダーしたのがあだになったようです。 でも、がんばったし、と自分を励ましつつ、ラップしてあるマフィンは
お持ち帰りにしてベーグルサンドを食べました。 それにしてもこのコーヒー! 中ジョッキくらいありました。 
私は1/3くらいしか飲めませんでした。

食事の後は、買い物をしながら街をブラブラ。 期待外れだったモントリオールとは違って、ケベックシティの本屋
さんはフランス語一色でした! 私が探していた手芸本もけっこうありましたが、お値段は意外と高くて、日本で
買うのとあまり変わらないような気もしました。 でも、せっかくだし~、夫も買えばって言ってくれてるし~、と
言い訳をしながら2冊お買い上げ。

いろいろ歩きまわって、シタデルに行ってみました。
f0089780_029292.jpg

シタデルはイギリス軍が建てた要塞で、今でも軍の施設です。 なので、簡単に入れる場所ではなく、見学は時間
が決まっていて、ある程度の人数をまとめてガイドツアーがあるようです。 私たちが行った時には次のツアーまで
1時間程もあって、近くに時間を潰せる場所もないし、どうしても見たいと言うわけでもなかったので、見学は諦める
事にしました。

ちょうどお昼の時間でしたが、それほどお腹もすいてないし、私は朝買ったマフィンもあったので、朝食を取ったお店
でお惣菜なんかを買って、ホテルで食べました。 お昼を食べて、ちょっと休憩したらまた観光に出かけます!
[PR]



by momi0729 | 2011-05-18 23:17 | カナダ旅行 | Comments(4)

カナダ旅行記 ―その8 6日目―


この日も朝食はホテルのビュッフェ。
f0089780_21563551.jpg

朝食後は、前日「午前中で終わり」と言う事で入れてもらえなかったノートルダム教会へ行きました。 入り口で
入場料を払うと、チケットブースにいたお姉さんに「今日はクリスマスコンサートのリハーサルをやってるのよ。 
写真も撮っていいし、あなたたちラッキーよ!」と言われました。 そんな事言われても、ピンとこないまま入って
みると…。
f0089780_2222311.jpg

おぉ! ライティングもされていてすごくきれいです! 子供たちが歌っていたので座って聞いていると、オペラ歌手
のような男性もあらわれて本格的なリハーサルが始まりました。 どの歌も、1番はフランス語、2番は英語で
歌われるようでした。 他の観光客も、みんな座ってコンサートを楽しんでいました。 この教会は北米で最大規模
のカトリック教会だそうで、中はすごく広くて、装飾やステンドグラスもクラシカルで素敵でした。 前日はついて
ない…と思ったけれど、実はラッキーでした! 

時間があればもっとコーラスを聞いていたかったけど、この日はケベックシティへ移動の日で電車の時間が
決まっていたので、後ろ髪を引かれつつ教会を後にしました。 そして次に行ったのがサン・ジョセフ礼拝堂。
f0089780_2355979.jpg

ここは、中心地からちょっと離れているのでどうしようか迷ったのですが、私が以前訪れてすごく感動した場所
なので、ぜひ夫にも見せたかったのです。  アンドレ修道士が足の不自由な人の治療をしていたと言うこの
礼拝堂では、治療後不要になったとの事で、治療を受けた人が残して行ったというたくさんの杖がかけられて
います。
f0089780_022729.jpg

私が感動したのは、この杖の辺りや最上階に保存されているアンドレ修道士の心臓の辺りだったのですが、夫が
感動したのは建物の大きさのようでした。 期待していたのとは違う形だったけど、感動してもらえたので
良かった!

礼拝堂を出て、地下鉄の駅前にあったSt. Hubertと言うお店でランチにしました。
f0089780_081391.jpg

このお店は鳥料理のお店のようでした。 お通しにけっこう大きなコールスローが出てきますが、これがなかなか
美味しかったです。  私はチキンポットパイ、夫はチキンフィンガーをオーダー。 またまた、けっこうなボリューム
でしたが、チキンであまりしつこくなかったのとサイドをサラダにしたので、それほど苦もなく食べきりました。 

ランチの後は、一度ホテルに戻って預けておいた荷物をピックアップしてからセントラル駅に向かいました。 雪が
たくさん残っている通りを大きなスーツケースを持って駅まで移動するのはけっこう大変でした。 モントリオールの
駅は、日本の駅と違って改札がありませんでした。 それぞれのホームに続く階段があって、その脇にそのホーム
から出る電車の情報があります。 乗客は自分の電車が出るホームへの階段の近くで待ちます。 電車の発車
少し前になると駅員さんが来て階段の入口を解放してくれます。 ホームに行けるのは電車が入ってからなの
です。 なので、ホームは閑散としてて、ちょっと怖い感じがしました。
f0089780_0254189.jpg

モントリオールを16:10に出て3時間ちょっとでケベックシティに着きました。 駅から宿泊先のシャトー・フロント
ナックホテルまでは歩いても行ける距離ですが、寒さと荷物を考えてタクシーを使う事にしましたが、今回は大体の
距離も地理も少し分かっていたので安心して乗れました。

今回は新婚旅行だし、と少し奮発して名前の通り昔はお城だったシャトー・フロントナックホテルを予約しました。 
しかも、さらにちょっと奮発してリバー・ビューの部屋にしました。 奮発と言ってもシーズン・オフだったので2泊で
500ドルくらいで泊れました。
f0089780_039445.jpg

お部屋は期待通り! すごく素敵です。
f0089780_0393625.jpg

f0089780_0395070.jpg

f0089780_0401064.jpg

コーヒーサーバーもなんだか豪華!
f0089780_041587.jpg

バスルームはちょっと狭めだけど快適でした。
f0089780_0424159.jpg

そして…
f0089780_0441188.jpg

窓から見える夜景がすごくきれい! 奮発してこの部屋にして良かった~!

部屋の探検が終わって、夕食に何を食べたいか夫に聞いてみると「せっかくケベックに来たからフレンチ」と言う
ので、ガイドブックを見てみましたがフレンチのお店が載ってなかったので、フロントで聞いてみました。 フロント
でのサービスも良くて、おススメのお店を教えてもらってそこに行ってみました。
f0089780_0542966.jpg

お店の名前はla Cremaillere。 中は一軒家の普通のお家のようでとても素敵でした。 いろいろ分からない
ので、無難にコースを頼みました。 写真を撮れる雰囲気ではなかったので画像はないのですが、またまたすごい
ボリュームでした。 前菜から、これがメインの一皿では?と言う感じ。 これ、全部食べたらあとが苦しいだろう
な~…と、思いつつも美味しくてついつい全部食べてしまって、案の定メインは残す羽目に…。 そして、大好きな
デザートも半分気持ち悪くなりながら食べました。 もったいないけど、少しずつ残しながら食べれば良かったと
後悔しました。

お腹が苦しくなるくらい食べたので、またお散歩しながらホテルに帰りました。
[PR]



by momi0729 | 2011-05-16 23:46 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その7 5日目―


モントリオール2日目は、起きてみると雪が降っていなくて一安心。 朝食はホテルのビュッフェでした。
f0089780_23315513.jpg

冷凍食品とか業務用のパンとかをそのまま出した感じの、ちょっと残念な感じの内容でしたが、お値段を考えると
こんなもんかも。

朝食後はさっそく観光へ! まずは歩いて行ける距離の旧市街へ向かいました。
f0089780_23473844.jpg

雪は降っていなかったけれど、前日までに降った分がけっこう積もっていて歩くのが大変でした。
f0089780_23593651.jpg

10~15分ほど歩くと、前日の夜に見た建物が見えてきました。 前日はガイドブックを持ってなかったので
何の建物か分からなかったけど、どうやら市庁舎のようです。 市庁舎もあるし、地図を見ると目的の旧市街は
すぐ近くのはずなのに、ぜんぜん人がいなくて不安になりました。 もう、この辺りのはずなんだけど…と、ガイド
ブックで確認していると、おじさんが「どこに行きたいの?」と声をかけてくれました。 「旧市街へ行きたいんだ
けど…」と答えると、「ここがそうだよ!」と言われました。 いつの間にか旧市街に着いていたのです。 ここには
以前にも来た事があったのですが、夏だったので観光客がたくさんいて、地図を見なくてもこの辺りが観光地で
ある事がすぐに分かりました。 この日は、その時に比べると本当に人が少なくて、同じ場所とは思えません
でした。 親切なおじさんにお礼を言って別れて、最初に行ったのがノートルダム・ド・ボン・スクール教会。
f0089780_018430.jpg

ここは、別名「船乗りの教会」と呼ばれ、航海安全を祈願した教会だそうです。
f0089780_024184.jpg

中には、航海安全を祈願して奉納された船が天井から吊るされています。 10時にオープンしてすぐに入った
ので、観光客は私たちだけ。 とても静かでパイプオルガンの演奏もされてて素敵!…と、思ったらパイプオルガン
は練習中だったようで、何度も同じ所でつっかえるのでちょっとイラッとしました。

この教会のすぐ隣にはマルシェ・ボンスクールと言う、小さなお店がいくつか入った建物があります。
f0089780_0304513.jpg

ここにも人がいない…。 お店は、お土産屋さんやギャラリーなど入っていましたが、私たちにはピンと来るものも
なかったので、見るだけ&寒さしのぎと言う感じでした。
そして、次はメインのノートルダム教会!…の、はずでしたが、行ってみると「今日はお昼までで終わり」と言われて
しまいました。 えー! 聞いてない!(←何もチェックしてないので当たり前)と、往生際悪く周りをウロウロして
みましたが、入れるわけもなく諦めて地下鉄でセントラル駅に向かいました。 モントリオールの地下鉄はブルー・
グリーン・オレンジラインの3線しかなくて、乗り方は簡単ですが、地下街(?)がすごく充実しています。 
セントラル駅も、私たちが降りた駅からは少し歩いたのですが、ずっと地下街を通って行けました。 途中で2つで
12ドルのニットの帽子があったのでお買い上げ。 この日はそれほどの寒さではなかったのですが、風が吹くと
一気に体感温度が下がります。 特に耳や頬が冷たくて、耐えきれずに買ってしまいました。
f0089780_0444742.jpg

セントラル駅は広々していて、クリスマスの飾り付けもきれい! ここに来た目的は次の日に向かうケベック・シティ
への電車の切符を買うためでした。 切符は特に問題もなく買えたので、暖かい地下を出てダウンタウンへ向かい
ました。
f0089780_0484366.jpg

まずはランチ! モントリオール名物のスモーク・ミートのサンドイッチを食べました。 ネットで調べるとシュワルツ
と言うお店が有名なようですが、「並ぶ」とか「郊外」とか書いてあったので、こっちは諦めて、ガイドブックに載って
いたルーベンスと言うお店に行ってみました。 ガイドブックに載っているだけあって、周りの席には観光客っぽい
人たちがたくさんいて、みんなスモークミートサンドイッチを食べていました。 目的のサンドイッチは3種類くらい
ありましたが、全部同じ物で量が違うだけでした。 私はもちろん一番小さいサイズにしましたが、この
ボリューム! なんとか食べましたが、私よりも1つ大きいサイズをオーダーした夫はギブ・アップ。 お持ち帰りに
してもらいました。

ランチの後はダウンタウンをウロウロ。 モントリオールではフランス語が使われているので、フランス語の本も
たくさんあるはず!と思って本屋さんに行きましたが、フランス語コーナーは小さくてあまり充実していません
でした。 その他にも洋服なんかも見てみましたが、特にピンと来るものもありませんでした。
f0089780_161289.jpg

冬なので日が落ちるのが早かったです。
f0089780_164216.jpg

どこに行ってもクリスマス・ライトがすごくきれいでした。

連日のボリュームたっぷりの食事で胃が疲れ気味だったので、この日の夕食は近所のスーパーで調達したワイン
とチーズ・お昼の残りでホテルで済ませました。
f0089780_195685.jpg

歩きまわって疲れた一日でした。
[PR]



by momi0729 | 2011-05-15 01:10 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その6 4日目―


この日は早起きしてお父さん、お母さんに送ってもらってビクトリアの空港へ…。 ビクトリアからモントリオールへの
移動の日でした。

ちょっと早めに着いた空港で朝食をとって、お父さん、お母さんとお別れ。 たった2日半の滞在だったけど、一緒に
暮らしていた頃にスーッと戻れた事もあって、お別れはとても悲しかったです。 お母さんも泣いてくれていて、
それを見たら余計に涙が出てしまって…見かねたのか、空港職員の方がティッシュをくれましたw

飛行機は8:05にビクトリアを出て10:25にカルガリーに到着。 飛行機を乗り換えて、11:50にカルガリーを出て
17:50に、やっと目的のモントリオールに着きました。 同じ国の中とは言え、移動に1日かかってしまいました。

前日の夜に天気予報を見ていたので分かってはいたのですが…モントリオールでは雪が降っていました! 
寒いよ~、と言いつつさっそくホテルまでのタクシーを掴まえるために乗り場に並びます。 ダウンタウンまでの
料金は、ネットで調べて大体分かっていたので、乗る前に運転手さんに料金を聞いてかけ離れた値段を言われ
なかったら乗ろうと思っていたのですが…私たちの番になって、運転手さんに行き先を告げて値段を聞くと…
「I don't know」。 行ってみないと分からないと言われてしまいました…。 でも、私たちの後ろには待ってる
人たちがたくさんいるし、そのタクシーを見送るとか出来ない雰囲気だし、他の人も普通に次々タクシーに乗って
いくので大丈夫だろうと判断して、そのタクシーに乗り込みました。

乗ったはいいけど、運転手さんはごっつい黒人さんで、愛想は良くないし、運転中もずっとフランス語で携帯で
話してるし、メーターはすごい速さで上がっていくし、かなり不安でした。 ふと隣を見ると…私よりも不安そうな
夫の顔が…。 あれ? これってデジャヴ? なんか前にもこんな事があったような…ありました! 
タイに旅行に行った時のタクシーで。 

ドキドキしながらタクシーに乗る事約30分でホテルに着きました。 ホテルが近づいてくると、無愛想だった
運転手さんが急にやさしくなって、いろいろ気を使ってくれました。 料金も大体調べていた通りだったので
疑ってごめんよ~と心の中でつぶやきつつホテルにチェック・インしました。

今回泊ったのはHoliday Inn。 モントリオールにはいくつかHoliday Innがあるようですが、私たちが泊ったのは
旧市街の近くでした。 
f0089780_0233960.jpg

部屋に入ってビックリ! 広い!
f0089780_0273583.jpg

バスルームも広々。
f0089780_0275551.jpg

キッチンまであって、これでシーズンオフとは言え一泊100ドルくらいは安いと思います。

荷物をホテルに置いて、さっそく晩ご飯を食べに行く事にしました。 とは言っても、すでに外は真っ暗で、雪が
降っていて寒いし、あまり知らない街をウロウロしたくはありません。 幸い、ロビーにいたおじさんに聞いたら
近くにショッピングモールがあるとの事だったので、そこに行ってみる事にしました。 ショッピングモールはすでに
ほとんど閉まっていて、フードコートも閉まりかけでしたが、ギリギリまだやっていたお店で食事を調達する事が
出来ました。
f0089780_035696.jpg

夫はスモークミートのサンドイッチ、私はグレイビーソースのたっぷりかかったサンドイッチ。 ポテト山盛りで
すごいボリュームでしたが、ちょこっとコールスローサラダが付いていたので、けっこう食べてしまいました。
この辺りになって、ビクトリアでの初の外国の人に囲まれた生活とタクシーでの緊張から解放された夫の顔に笑顔が戻ってきましたw 良かった。

食事の後は、せっかく旧市街が近いのでちょっと散歩してみようと言う事になりました。 ガイドブックは持って
いなかったので、カンに頼って適当に歩きました。
f0089780_047393.jpg

f0089780_0475518.jpg

ビクトリアとはガラッと変わって、ヨーロッパのような街並みにテンションが上がる夫は、もう少し、もう少し、と歩いて
行きますがとにかく寒い! 耐えられなくなって、途中で見つけたマクドナルドでホットコーヒーを飲んで体を温め
ました。 この時はまだ9時前後でしたが、歩いている人はほとんどいなくてちょっと怖かったです。 そして、寒さにも耐えきれなかったので、観光は次の日のお楽しみにしてホテルに帰りました。
[PR]



by momi0729 | 2011-05-03 23:54 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その5 3日目―


この日はビクトリアのダウンタウンに行きました。
ビクトリアは春や夏にはあちこちにお花が飾られ、とてもきれいな街です。 でも、私たちが行ったのは12月。 
観光客も少なくて、ちょっと寂しかったです。
f0089780_0293244.jpg

けっこう寒かったのでホットコーヒーで体を温めつつ、まずはインナーハーバーに向かいました。 インナーハーバー
には州議事堂やエンプレスホテルなど、ビクトリアの見どころが集まっています。 写真は州議事堂。 寒かった
ので、サクッと写真を撮ってエンプレスホテルの中に入ってみました。 外観の写真を撮り忘れてしまったの
ですが、お城のような老舗のホテルで、ここも観光スポットの一つです。
f0089780_0523286.jpg

ホテルの中にはいろんなデコレーションのクリスマスツリーが飾ってありました。 何かのチャリティーみたい
でした。
f0089780_0563189.jpg

私が面白いと思ったのはこれ! 工事現場のツリー? 立ち入り禁止のテープのリボンが可愛いです。
f0089780_102458.jpg

ホテル内を見学した後は、チャイナタウンに向かいました。 
f0089780_161082.jpg

目的はこれ! DonMeeレストランの飲茶ランチ! カナダにいた頃よく行っていたレストランです。 まだあって、
しかもぜんぜん変わってなくて嬉しかった~! 飲茶も美味しかったし、お値段もあまり変わってなかったと思い
ます。 ただ、平日でちょっと遅めだったせいか、ちょっと点心の数が少ない気がしました。 それと、2人だとすぐに
お腹いっぱいになってしまって、あまりたくさん食べられなかったのが残念でした。

ランチの後は、私が好きだった場所を歩いてみました。 
f0089780_114070.jpg

これはマーケットスクエアにあったお菓子のお家?
f0089780_1185385.jpg

これはButton & Needleworkと言うクロスステッチのキットや毛糸などを売っている手芸屋さん。 今回初めて
行きました。 話を聞いてみると、私がカナダにいた時からあったのかも?と言う感じでしたが、全く知りませんで
した。
f0089780_1213848.jpg

f0089780_1215062.jpg

ここにあったクロスステッチのキットは、カナダっぽい物や、とても素敵な物が多かったのですが…お値段は素敵
じゃない! ステッチするのは好きだけど、その後飾る趣味がないので、それに大枚はたくのもな~と思って
止めておきました。 でも、本当に素敵な物があるのでクロスステッチや編み物に興味がある方にはおススメ
です!

街を歩いたり、お土産を物色していたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。 行きはホストファミリーの車で
送ってもらいましたが、帰りはバスを使う事にしました。
f0089780_12939100.jpg

カナダ滞在中、車を買うまでは良く乗っていたバスですが、路線も少し変わっているようで不安でした。 でも、
運転手さんに降りる場所を教えてもらって無事帰宅する事が出来ました。 暗くなってしまったので、外の風景は
あまり分からなかったけど、クリスマスが近くてライトで飾った家を見るのが楽しかったです。

この日はお父さん、お母さん、スティーブンとタミーでピザの夕ご飯を食べて1日が終わりました。
久しぶりのビクトリアは、お店が増えて街が少し広くなったように感じましたが、あまり変わってなくて嬉しかった
です。 本当は、もっと行ってみたい場所もあったけど、時間がなかったので残念でした。
[PR]



by momi0729 | 2011-04-28 01:36 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その4 2日目PM―


ボリューム満点の朝食から帰って家でくつろいでいると、お昼近くになってリンダとギャリーが迎えに来て
くれました。 この2人は友達がお世話になったホストファミリーで、私もとてもお世話になりました。

2人の車に乗って最初に向かったのはリンダの息子さんのお家。
f0089780_0313076.jpg

私がカナダにいた頃は高校生だった彼も、こんなに可愛い2人の女の子のお父さんになっていました! 

リンダの息子さんの家を出て、次に向かったのはクリスマス・クラフトマーケット。
f0089780_0354256.jpg

市民体育館みたいな場所で開催されていたこのマーケットでは、食べ物も含めたクラフト品を売る小さなブースが
たくさん集まっていました。 ここでクリスマスプレゼントを調達する人も多そうですが、全体的な年齢層は高めな
印象です。 以前にも、こういうクラフトマーケットに連れて行ってもらった事があるのですが、その時に比べると
より商業的な感じで、そのせいかお値段もちょっと高めに感じました。
夫はドリームキャッチャーを見つけて買ってました。 それと、味見をして美味しかったブルーチーズを2種類を
お買い上げ! 

クラフトマーケットでお買物の後は、Sidneyと言う街に連れて行ってもらいました。 ここはカナダ滞在中に私が
働いていた、とっても思い出深い場所でどうなっているかとても楽しみでした。
f0089780_048251.jpg

まずはパブでランチ。 この隣には、私が働いていたベイカリーがあったのですが…別のお店に変わっちゃって
ました。 残念。
この時になっても、まだ朝ご飯が響いていてあまりお腹が空いてなかったので、ランチは夫とフィッシュ・アンド・
チップスを半分こする事にしました。 このフィッシュ・アンド・チップスがとっても美味しくて、お腹いっぱいと
言いつつペロッと食べてしまって、一人一皿でもいけたかな?と言う感じでした!

ランチの後は街をブラブラ。 Sidneyはとっても小さな街で、私がいた頃はのんびりした田舎の街、と言う感じ
でしたが、お店も人も増えてすごくにぎやかになっていてビックリしました。

一通り街を歩いてから、リンダとギャリーの家にお邪魔しました。 
f0089780_0584924.jpg

パッチワークが趣味のリンダのベッドルーム。 もちろんベッドカバーも彼女の作品!
彼らは何年か前に引っ越したとの事で、こちらにお邪魔するのは初めて。 夫婦2人暮らしだから小さい家だけど…
と言っていたけれど、日本人の私たちからしたら十分な広さ。 可愛いお家でくつろがせてもらって、また家まで
送り届けてもらいました。 短い時間だったけど、2人に会えて嬉しかったです。

家に帰るとホストファミリーが揃っていました! お父さん、お母さん、長男のスティーブンとその彼女のタミー。 
それに、家を出た妹のシーナとその彼のビリーも!
f0089780_119017.jpg

タミーがインドカレーを作ってくれました!
f0089780_1211472.jpg

私がいた頃は4人だった家族も6人に増えました! しかも、シーナは妊娠6カ月! もう少しで小さなメンバーも
加わります。 こうやって家族の形が変わっていくのもいいな~って思いました。 とっても楽しい家族のだんらん
でしたが…やっぱりこれだけカナダ人が集まると英語の会話に付いていけない…。 夫はもっとつらかったと思い
ます。 がんばってくれてありがとね~。 と、言う事で2日目も無事に終わりました。
[PR]



by momi0729 | 2011-04-25 01:26 | カナダ旅行 | Comments(0)

カナダ旅行記 ―その3 2日目AM―


到着初日の夜は移動の疲れで寝つきは良かったものの、慣れないベッドだったせいか、暖房がききすぎて
暑かったせいか、それとも時差ぼけか…とにかく夜中にもちょこちょこ起きたり、朝も変な時間に目が覚めて
しまったりしました。

そして、到着翌日の朝は早起きしてお父さん、お母さん、ホストブラザーのスティーブンとそのガールフレンドの
タミーと朝食を食べに行ってきました。 朝食を食べに行ったのはSmitty'sと言うカナダのファミリーレストラン。 
Smitty'sは、私がカナダに滞在していた1年近く働かせてもらった思い出のレストランです。 なので、この日
連れて行ってもらったのは別の支店でしたが、とても楽しみでした。

行ってみてビックリ! 制服もメニューも変わっていて、全く別のレストランみたいでした。 さすがに10年も経って
いれば多少は変わった事もあるだろうとは思っていたけど…ここまで変わってるなんて! それとも別の支店だった
せいなのかな? 私が働いていた頃には、朝食のメニューはトーストやイングリッシュマフィンにベーコンや卵、
ソーセージなんかを足した物だったと思うのですが、そういう物は無くなっていて、これが朝食!?みたいな
メニューになっていました。 お値段からしてもちょっと重そうな感じです。
f0089780_0462456.jpg

これは夫のオーダー。 名前は忘れました。 野菜やソーセージの炒め物に卵とチーズがかかっていて、トーストが
付いてきます。 見た目にもかなりのボリューム…。
f0089780_0492246.jpg

私はエッグスベネディクトをオーダー。 サイドメニューがポテト・サラダ・フルーツサラダの中から選べたので、
フルーツサラダを選びました。
予想通り、どっちもすごいボリューム! 夫はさすがに食べきれずに残していました。 私はサイドをフルーツサラダ
を選んだおかげで、食べきりましたが苦しくなりました。 他のメンバーは…と、見てみるとお父さん、お母さんには
どのメニューも多すぎるので、特別に少量の物を作ってもらってました。 私たちもそうすれば良かった…。

朝食後は食べ過ぎて苦しかったので、20分ほどの道のりをお散歩しながら帰る事にしました。
f0089780_132711.jpg

f0089780_134490.jpg

クリスマスツリー農場。 カナダっぽい。
f0089780_141195.jpg

目抜き通り。

けっこう歩いたと思うのですが、家に着いてもまだお腹はパンパンでした。
[PR]



by momi0729 | 2011-04-05 01:07 | カナダ旅行 | Comments(2)

カナダ旅行記 ―その2 到着―


前回、乗り継ぎの件をすっかりCAさんに忘れられた所で終わりましたが…忘れられたままカナダのバンクーバーに
到着しました。 飛行機を降り際に同じCAさんを見つけて声をかけると、やっと思い出してくれたようで「乗り継ぎの
件だったわよね! 次のフライトは何時だったっけ?」と言うので、チケットを見せると「1時間あるわね。 
大丈夫!」と言われました。 え!? それだけ? だったらさっきもチェックとかしてくる必要なかったじゃん! 
その場で返事出来たじゃん!と、思いながら笑顔で「サンキュー」とお礼を言って飛行機を降りる小心者の
日本人。

CAさんに「大丈夫」と言われてもイマイチ信用出来ずに夫を急かして、空港の中を小走りで移動。 空港の中は
案外広いし、案の定入国審査は長蛇の列。 空港職員さんを捕まえて「乗り継ぎに時間がないんだけど…」と
訴えますが、ここでもまた「1時間あるから大丈夫よ」とのお返事。 やっぱり信用できずにドキドキしながら入国
審査を終えて、さらに小走りで空港の中を移動して、やっと次の飛行機のゲートに着くとちょうど搭乗が始まる所
でした。 確かに間に合ったけど…ギリギリじゃん! 
f0089780_2121.jpg

これから乗る飛行機は、こんな小さなプロペラ機なので搭乗はすぐに終わって出発です。 これ、日本だったら入国
審査の列を前の方に入れてくれるとか融通してくれたんじゃないかな?と思います。 何はともあれ、この飛行機
に乗れたら一安心! 最終目的地のビクトリアに向かいます。

バンクバーからビクトリアへは30分ほどの短いフライトで、窓からは小さな島なんかの景色が良く見えます。 私は
遠い昔、このビクトリアで1年ちょっと過ごし、最後に訪問した時から10年以上経っていました。 飛行機や
窓からの景色はクラクラするくらい懐かしくて、もうすぐ着くんだと思うとドキドキして来ました。 

30分ほどのフライトはあっという間に終わってビクトリアに到着! 飛行機を降りて空港の建物の中に入るとすぐに
迎えに来てくれていたホスト・ファミリーのお父さんとお母さんが見えました。 もう嬉しくて、夫を置いてダッシュ! 
思わず涙まで出てきちゃいました。

空港から一旦家に帰って荷物を置いてから、さっそくお父さんお母さんが近所のパブに連れて行ってくれました。 
f0089780_2144480.jpg

みんなそんなにお腹は空いていなかったので、ビールと軽いおつまみで乾杯!

パブの帰りにはまだ早い時間だったので、夫と私は近所をブラブラしてみる事にしました。 家の周りは私が滞在
していたころとあまり変わっていなかったけど、お店や建物が少しだけ増えていました。
f0089780_220196.jpg

f0089780_2201935.jpg

これは、家から一番近いスーパー。 バス停のすぐ近くにあるので、バスを待つ間にチョコレートバーを買いに
寄ったり良く利用していました。

1時間くらいブラブラして帰宅。 旅の疲れが出てすぐに眠くなってしまったので、この日は9時頃に寝てしまい
ました。
[PR]



by momi0729 | 2011-03-06 02:24 | カナダ旅行 | Comments(0)

tomo journal
by tomomingo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

最新のコメント

わぁ、カッコいい♪ 胸..
by chirohamu at 00:28
★chirohamuさん..
by momi0729 at 23:23
★chirohamuさん..
by momi0729 at 23:19
GWにこんなスキスキイベ..
by chirohamu at 20:52
う~ん、ちょっと大きそう..
by chirohamu at 20:49

ブログジャンル