tomo journal

発達相談の2回目に行ってきました

先日発達相談に行ったことを書きましたが、その2回目に行ってきました。
今回は前回のテストの結果を聞き、今後の相談と言うことで、私が一人で行くことになっていましたが…タイミングの悪いことに、幼稚園が振替休日!(次月の予定を教えてもらえるのが、けっこうギリギリの園なのです) でも、これをキャンセルすると、また次の予約は一か月先になってしまうし、「待てるようだったら連れてきてもいいですよ」と、言ってもらえたので、ちびさんと二人で行ってきました。

お部屋に入ると、さっそく前回にちびさんのテストをしてくれた心理士さんから結果のお話がありました。
その間、ちびさんは別の方に相手をしていただいて、おもちゃで遊んでいました。

まず、テストの結果の用紙を見せられました。
今回、ちびさんがやったテストは「田中ビネー知能検査Ⅴ」という物のようです。
用紙を目の前に置かれて、まず最初に私の目に飛び込んできたのは「生活年齢」「精神年齢」「IQ」と書かれた項目でした。
「生活年齢=テストを受けた時の実年齢」「精神年齢=テストでの結果」と言うのはすぐに分かり、その数字は二つとも一致していました!と、言うことはテストの結果、今のところ、ちびさんには問題なしなのか!?と、ホッとしかけたところで、説明が始まりました。

そして、私が思ったのと同じように「生活年齢と精神年齢、IQを見ても全部が平均という数値になりました」と話し出されましたが…ホッとする間もなく、すぐに「ただ、こちらの詳しい検査結果を見ていただくと…」と、続いていき、この辺りからだんだん私のお腹が重くなっていくのでした。

その後のお話は、要するにちびさんには得意な事と不得意なことに凸凹があるので、次期からテストを行ったセンターでの支援を利用することが望ましいとのことでした。
正直、幼稚園の先生にも言われたように「まだ小さすぎて判断できません。 今回は平均という結果だったので様子を見ましょう」くらいに言われることを期待していたのですが…「支援を利用することが望ましい」。 この言葉にガーンと頭を叩かれた気分でした。
「あなたのお子さんは障害児です」と言われた気分でした。 障害のあるお子さんに偏見を持つ積りはありませんでしたが、実際に自分の子供がそうかもしれない…と、言われると、すごくショックでした。(実際にそういわれたわけではありませんが、私はそう感じてしまいました)

心理士さんから詳しい説明を聞いて、次期からのセンターの利用をお願いすることにしました。
そこで、お話は事務の方?にバトンタッチ。 センター利用の申込書の書き方など、事務的な説明に入りました。

一応、最後までお話を聞きましたが、最後に質問があったらどうぞ、と言われていろいろ話している内に涙が止まらなくなってしまいました。
そんな私の膝によじ登ってきたちびさんは「ママ悲しいの?」と言いながら、手のひらで涙を拭いてくれました。 
それで、ますます切なくなってしまって、さらに涙。 ちびさんに言葉をかけることも出来ませんでした。

一通りのお話が終わってから、夫に電話で報告。 この時も、涙なしには話が出来ませんでした。
それでも、この日は奇しくもちびさんの誕生日当日! この後に幼稚園のお友達が開いてくれるお誕生日会があったので、気持ちを切り替えてランチを食べてから会場に向かいました。

お誕生日会では、ちびさんはカラオケを楽しんでたし、私もママ友さんたちと関係ない話で盛り上がったりしてましたが、やっぱりちょっと楽しめきれなかったというか…ちょっと盛り下げてしまってたかもしれません。

この日は、家に帰ってからも、帰宅した夫に詳しい報告をするにも、とにかく泣いて泣いて、久しぶりに次の日に目が腫れました。
そして、夫と二人「とにかくちびさんが少しでも苦労しないように、悲しい思いをしませんように」と祈りました。


無謀にもランキングに参加してみました。 ちびさん、やさしいね~!と思っていただけたらぽちっとお願いします。 更新の励みになります。
にほんブログ村 子育てブログへ

[PR]



by momi0729 | 2016-02-07 23:58 | 3歳-4歳 | Comments(2)
Commented at 2016-02-08 03:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momi0729 at 2016-02-08 11:54
★natsuさん
恩着せがましい事なんてないですよ!
涙出てきました。いつも貴重な経験談ありがとうございます。
やっぱり、経験者のお話って一番素直に聞けます。
みんな「大丈夫だよ~」とか「気にしすぎ」とか
言ってくれるけど、やっぱり「他人事だからでしょ」なんて
ひねくれてしまうんですよね。
natsuさんも息子さんのこと、ご心配だったと思います。
アブノーマル、これからずっと薬…素直にYesとは言えないですよね。
その息子さんが、今は成績優秀で野球も!なんて私まで嬉しくなります。
子供の成長は分かりませんよね。 私もちびさんの可能性を信じて、センターでの支援に取り組んでみようと思っています。

コメント、本当にありがとうございました。

tomo journal
by tomomingo
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

最新のコメント

★tmykさん ありが..
by momi0729 at 14:36
息子さんの小学校入学、お..
by tmyk at 16:38
★かーくんさん コメン..
by momi0729 at 21:41
ブログ村から来ました ..
by かーくん at 09:15
★chirohamuさん..
by momi0729 at 23:56

ブログジャンル